*

ご存知・畑の肉「大豆」~シリーズ・精力のつく食物~

公開日: : シリーズ・精力のつく食物

古来より日本人の食生活には欠かせない、とても貴重な食材と言えるでしょう。そのまま食べるだけでなく、調味料・お菓子など色々な形で食卓を彩ります。栄養豊富なので「畑の肉」などとも言われますね。
yuu

大豆とは

日本人が単に「まめ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、この大豆なのではないでしょうか。間もなくやってくる節分の豆まきにも欠かせません。別の言い方で説明しようとすると「マメ目マメ科ダイズ属の一年生植物で、未熟もしくは完熟した種子部分を可食部とする」…却ってよく分からないものになってしまいますね。完熟しない緑色の状態をゆでた枝豆はあまりにもポピュラーですし、そのまま食べる煮豆・煎り豆から、加工された状態の豆腐・納豆、調味料としての味噌・しょうゆなどの多岐にわたる利用法があるのは言うまでもありませんね。農林水産省のサイトに、とても分かりやすい利用法の図解がありましたよ。
大豆

大豆の栽培と利用

大豆は、日本を始めアジア諸国では相当な昔から栽培・利用されてきた作物です。起源については諸説ありますが、紀元前2000年頃の中国で「ツルマメ」と言う野生種を作物化したところから始まったとされるのが一般的です。以来アジア諸国に伝播され、日本でも縄文時代あるいは弥生時代には利用されていたようです。
近年では全世界的に評価の高い大豆ですが、初めてヨーロッパに伝わったのは18世紀、アメリカには19世紀とされ、西欧諸国での認知は意外と遅かったようです。しかも当初は食用ではなく油やプラスチックの原料として、工業向けの作物と言う位置付けだったそうです。そして今でこそ最大の生産国となったアメリカですが、本格的に栽培が始まったのは、20世紀初期に凶作となった綿花の代替品として油を採る目的だったと言う、比較的浅い歴史の作物といえます。
ちなみに大豆のことを英語で「soybeans」と表現するのは、日本の醤油に由来するそうです。最初にこの豆がヨーロッパで紹介された時に「しょうゆ(shoyu)」の原料の「豆(beans)」だった事から、そう呼ぶようになりました。英語で醤油は「soysourse」ですが何となく連想しがちな「大豆からできるソース」ではなく、そもそも醤油が大豆の語源だったと言う事のようですね。
akiho

大豆の成分と効能

良く知られていますが、大豆の主成分として良質のたんぱく質が多量に含まれています。植物でこれだけのたんぱく質を含有するものは他には無いと言う特性となっています。漠然と「良質」と言う訳ではなく、たんぱく質には「どれだけの必須アミノ酸が含まれるか」により、その有効性を評価する「アミノ酸スコア」と呼ばれる基準があるのですが、大豆は肉類、卵、牛乳等と並び、最高スコアの100点となっています。俗に「畑の肉」と呼ばれる所以ですね。同時に、肉類よりも低脂肪・低カロリーでバランスが良いという特徴もありますので、日々食べることで健康的でエネルギッシュな状態になれるでしょう。まずは体力を高められる訳ですね。
特徴的な成分として大豆レシチンが上げられます。レシチンには、コレステロールを低下させる、脂肪の代謝を促進するなどの効果があり、具体的には血液がサラサラになります。また、脳を活性化させ、精神を安定させる作用もありますので、コトに及ぶ際に、落ち着いて気分を高める効果も期待できるのです。他にも、多種多様なビタモン・ミネラルが含まれており、中にはおなじみのビタミンE・亜鉛も含まれます。極めて多い訳では無く、劇的な効果では無いかも知れませんが…。
daizu

イソフラボンの副作用?

また、こちらも結構よく耳にするイソフラボンという成分が多量に含まれています。これは、女性ホルモンエストロゲンとよく似た構造をもち、同じような作用をもたらすもので、骨粗鬆症・動脈硬化を予防したり、乳がん前立腺がん防止にも効果があるとされている有用な成分です。ただし、男性にとっては気になる点もあるのです。女性ホルモンたるエストロゲンが増加することにより、相対的に男性ホルモンテストステロンが減少し、性欲や精力が減少する可能性がある、とも言われているのです。とは言え、ごく多量に摂取しなければそうそう影響はないので、頭の片隅に覚えておく程度で構わないでしょう。全体的には、それを補って余りある効能があるのですから…。

Harvesting 8500 Acres of Soybeans

ご存知・畑の肉「大豆」~シリーズ・精力のつく食物~ 平均点: 0 /  5点 0
ニックネーム 必須
5段階評価 必須
口コミ 必須

関連記事

erika

オサレなだけの食材じゃない!「アボカド」~シリーズ・精力のつく食物~

ちょっとおしゃれなイメージで女性が好む果物(野菜?)のイメージがあるアボカドですが、男性機能の増強に

記事を読む

ruka

奇跡のコラボ?!「レバニラ炒め」~シリーズ・精力のつく食物~

今回は食材ではなく料理のご紹介をいたします。バカボンのパパが大好物なことで有名です。呼び方を、劇中で

記事を読む

7

さかなクンさん絶賛!「青魚」~シリーズ・精力のつく食物~

体に良い食べ物として、常に上位にあげられる魚ですが、どんな効能があるのでしょう? 青魚とは

記事を読む

ユリア

小粒な働き者「ゴマ」~シリーズ・精力のつく食物~

自称イタリア通の友人が「イタリア人が健康のために毎日食べる3種の食材がある。ゴマ、ニンニク、オリーブ

記事を読む

1

太く、固く、みずみずしい!「アスパラガス」~シリーズ・精力のつく食物~

みずみずしさと独特の旨み・適度な歯ごたえでとても人気の野菜です。鮮やかな緑色で見るからに体によさそう

記事を読む

るおん

絶倫SUPER亀「スッポン」~シリーズ・精力のつく食物~

パワーの源、なんていう仰々しいコピーも華々しく似合ってしまう凄い亀さんです。結構な高級食材ですので、

記事を読む

meiein

スタミナ食品の代名詞「ニンニク」~シリーズ・精力のつく食物~

言葉を聞いただけで精力が付きそうなイメージを持つ「ニンニク」。そんなニンニクを改めて調べてみたいと思

記事を読む

のぞみ

媚薬効果も期待できる?「チーズ」~シリーズ・精力のつく食物~

実にたくさんの種類があり、調味料的な使い方、おつまみ、子供のおやつまで色々な食べ方ができる栄養豊かで

記事を読む

あやせ

臭さの果てにおいしい実が…「銀杏(ぎんなん)」~シリーズ・精力のつく食物~

モチモチした独特の食感とほろ苦さで、大人の味ともいえるイチョウの実です。茶碗蒸しに入っていないと、ち

記事を読む

ララ

パーフェクト!完全栄養食品「牡蠣(カキ)」~シリーズ・精力のつく食物~

楽しく遊ぶ為には、体力増強・精力増進は欠かせませんよね! 今回は「牡蠣」に注目しました!

記事を読む

PAGE TOP ↑