*

真猫(しんねこ)とは??~カツヲの風俗単語帳~

公開日: : 最終更新日:2015/02/05 カツヲの風俗単語帳 , ,

子供の頃は聞いても何のことやら分からず、大人になって納得したものの、既にほぼ死語の世界になっていたと言う古風な単語です。
もえ

しんねことは?

感じで表現すると「真猫」または「親猫」。男女が仲良くしている様子のことを表し、形容詞的に使います。単純に仲良くする、と言うことではなく、「他に誰もいない状態」あるいは「人目を忍んで」、すなわち二人きりでという条件の元「仲良く語り合う」というのが定義のようです。同じ「仲良く」でもお店や電車内など公衆の面前でいちゃつくバカップルさん達には当てはまらないと言うことになりますね。あくまでも、密やかにという意味が強調された言葉です。
あいら

語源とは?

語源については諸説あるようですが、大阪弁での「しんみりねっこり」という単語を略したものに、「真猫」の漢字を当てたと言うのが一般的なようです。「しんみり」でひそやか感は出ているのですが、「ねっこり」がよく分かりません。語感を良くするために適当にくっつけたのかとも思いますが…。
今一つは、「親猫」と表記する方で、芸者遊びの世界から発したとされるようです。しなやかで気まぐれな「猫」はしばしば女性を例えるのに使われますが、この場合は芸者の隠語です。「待合」と言われる、現在で言う処のラブホに近い感覚の施設(それだけでくくれない部分もあるのですが)、それも四畳半位の狭い部屋で、馴染みの、あるいはお気に入りの芸者としんみりと密やかに過ごす様子を表しました。この場面ですと前項での「語り合う」だけでは無くあんなことやこんなことも展開されるので、ぐっと性的な意味が深まった感じですね。
いずれにしても、「しん」の部分は当て字のようですから、ひらがなで表記するのがふさわしいと言えるでしょうか。
ゆか

転じてこんな使い方

ひっそり」や「男女二人」という状況を表すことから、色々な意味に転じて使われることがあります。
色々な意味で人目を避けて逢瀬を楽しむ必要がある、「そのもの」とも言うべき男女の「不倫」関係を端的に表したりします。とてもしっくりくる表現ですね。
ヤクザ業界などワルい世界では、物事をこっそりと進めること、親に内緒の仕事なんかを指したり、男女共同のブルーカラー的な仕事をそう呼んだりすることもあるようですね。
色々と便利で風情のある言葉だと思うんですが、使う機会が減ったのはちょっと寂しいですね。

【語源】【俗語】【歴史】

関連動画:猫によるソフトな「しんねこ」のイメージ

真猫(しんねこ)とは??~カツヲの風俗単語帳~ 平均点: 0 /  5点 0
ニックネーム 必須
5段階評価 必須
口コミ 必須

関連記事

さや2

基盤(きばん)とは??~カツヲの風俗単語帳~

ネットスラングと呼ばれる、掲示板・チャットなどインターネット上でのコミュニケーションから発生し広まっ

記事を読む

girl003

お茶引き(おちゃひき)とは??~カツヲの風俗単語帳~

お客さんがつかないまま、お店に待機している状態のことです。 昔、遊郭で出すお茶を、手の空いた(接客

記事を読む

4

愛人バンク(あいじんばんく)とは??~カツヲの風俗単語帳~

80年代前半、一過性のブームを巻き起こした、新形態の風俗業とも呼ぶべき存在です。 夕ぐれ族の名

記事を読む

ayaka

姫予約(ひめよやく)とは??~カツヲの風俗単語帳~

いのしんさんが、こんな質問に答えていますね。 姫予約って怒られるの? この質問者

記事を読む

matumoto

裏を返す(うらをかえす)とは??~カツヲの風俗単語帳~

一度遊んだことのある嬢を再度指名することを言い、元々は遊郭のしきたりから生じた用語です。

記事を読む

あすか

素股(すまた)とは??~カツヲの風俗単語帳~

本番行為禁止の風俗でのプレイの一種で、女性が両股の間にペニスを挟み、刺激を与えてフィニッシュ

記事を読む

あんな

阿婆擦れ(あばずれ)とは??~カツヲの風俗単語帳~

こちらも最近ではあまり使われない、言ってみれば「昭和の香り」の漂う単語となっています。 あばず

記事を読む

えりか

「風俗」の由来~カツヲの風俗単語帳~

そもそも何故Hなサービスを「風俗」というのか? 本来は、各地域の文化に即した生活する上での特殊

記事を読む

あや

源氏名(げんじな)とは??~カツヲの風俗単語帳~

水商売や風俗店では、女性は通常本名を名乗ることはなく、「源氏名」を使いますね。どのような物なのでしょ

記事を読む

ゆずりは

テレクラ(てれくら)とは??~カツヲの風俗単語帳~

今の世の中、いわゆる「出会い系」の文化(?)は主にネット上で展開されていますが、かつては「テレクラ」

記事を読む

PAGE TOP ↑